2017年10月4日水曜日

ヨ ブ

 私は、18歳の時に救われました。半年後には献身し、洗礼を受ける日を楽しみにしていました。
 ところが突然の病に見舞われて、郷里の病院で半年入院する事態になりました。受洗どころか、毎週の礼拝を持つことさえかなわない状況に、なぜ?と床の上でもんもんとしていました。
 聖書にヨブ記という巻があります。ヨブは苦難のしもべとして広く認知され、いわれなき試練の代名詞ともなっています。聖書を知らない人でも、ヨブを知っている人は大勢います。
 ヨブは義人でした。非の打ち所がないと神さまが認めるほど潔白で、神を恐れ、神に仕える下僕でした。しかしサタンは、彼に神をのろう言葉を語らせようとしました。
 サタンはヨブの持ち物を打ち、ヨブは1日にして家族と全財産を失います。しかし、それでもヨブは愚痴をこぼさず「私は裸で母の胎から出て来た。また、裸で私はかしこに帰ろう。主は与え、主は取られる。主の御名はほむべきかな」(121節)と語り、主を礼拝しました。
 しかし、次にサタンは、ヨブの骨と肉とを打ち、ヨブは足の裏から頭の頂きまで悪性の腫物(しゅもつ)で覆われました。ヨブ記では、このあと3章から37章まで、ヨブの苦闘が記されています。
 一貫してヨブは、なぜこのような事が許されるのかと切々と祈り、また尋ね求めています。けれども、神は38章まで沈黙を守られたのです。病床にあった私も同様です。今はそれから35年になりますが、今でも分からない事は多くあります。しかし、私にはこれが必要だった、ということだけは分かっています。
 どのような事があっても神は正しい、この姿勢こそ、私たちに神の恵みと祝福をもたらす、宝石のような信仰です。神に信頼し、従っていきましょう。 (イスラエル北野)

み声新聞2017年10月8日号(第957号)より転載—

2017年9月29日金曜日

信仰と不信仰

 イスラエルが、約束の地カナンに来たとき、神はモーセを通して、12人の族長にカナンの地を探らせました(民数記1314章参照)。40日がたつと彼らは帰って来て、その地が乳と蜜が流れる素晴らしい土地であることと、先住民は巨人で、町々は城壁を持ち、占領するのは難しい、という判断を持ち帰ってきました。
 その中で、カレブとヨシュアが「私たちはぜひとも、上って行って、そこを占領しよう。必ずそれができるから」と信仰を告白しました。
 ところが、この2人を除いた族長たちは不信仰で、民もまたモーセとアロンにつぶやき言いました。「私たちはエジプトの地で死んでいたらよかったのに。できれば、この荒野で死んだほうがましだ。なぜ主は、私たちをこの地に導いて来て、剣で倒そうとされるのか。私たちの妻子は、さらわれてしまうのに」「さあ、私たちは、ひとりのかしらを立ててエジプトに帰ろう」
 これを聞くとヨシュアとカレブは自分たちの着物を引き裂いて全会衆に言いました。「私たちが巡り歩いて探った地は、すばらしく良い地だった。もし、私たちが主の御心にかなえば、私たちをあの地に導き入れ、それを私たちに下さるだろう」2人は信仰に立っていました。
 しかし、民は不信仰に立っていました。主は彼らの言葉によって彼らをさばきました。
 その結果、斥候が巡り歩いた40日を40年と数え、ヨシュアとカレブを除いた二十歳以上のものは全員、40年の荒野の生活の中で死ぬこと、しかし、彼らの子どもたちと、ヨシュアとカレブだけは約束の地カナンに住むことができることになりました。
 不信仰は、神の祝福を見えなくさせる恐ろしい罪です。私たちは、信じない者ではなく、信じて祝福を受ける者でありましょう。
 
(イスラエル北野)

み声新聞2017年10月1日号(第956号)より転載—

2017年9月22日金曜日

ささげたもの、受けたもの

 今は昔。かれこれ30年になります。杉並区に城堀荘という、女子学生の寮といった一軒家がありそこに私たちは住んでいました。神さまをまっすぐに求道し、特別な祝福の中で、キリストの弟子となる訓練がなされていました。
 ルカの福音書14章には、「わたしのもとに来て、自分の父、母、妻、子、兄弟、姉妹、そのうえ自分のいのちまでも憎まない者は、わたしの弟子になることができません」(26節)という一文があります。憎むという表現は嫌うとかではなくて、「第一にはしない」といった意味です。キリストの弟子として、最も大切なものをささげる訓練と、学びがなされました。
 私たちは4名でした。その中のひとりはHさんです。彼女は彼女の全てであるカーペンターズをささげました。また、大学で専攻していた哲学から、生ける神の神学である、イエスさまに聞き従う道を選びました。今はブラジルの宣教師として立てられ、ブラジルに居住しています。
 Mさんもまた音楽をささげました。神さまはその事を覚えてくださっていて、今はTrueVine(トゥルー・バイン)として、広く活躍するゴスペルシンガーになり、多くの祝福にあずかっています。
 Aさんと私は、ともに牧師夫人として神さまに仕えるようになり、私は文学をささげました。しかし、その報いとして再び書く働きに戻され、こうして原稿用紙に向かい合っています。
 私たちが神にささげたものは幾倍にもなって、また、さらに良いものになって帰ってきます。私たちの牧師は、それを「ブーメラン」と呼んでいます。待たされ、探られますが、神は時をご存じです。
 神さまに信頼して、全てをささげて従っていきましょう。神さまは、あなたがささげた」もの以上の祝福をもって豊かに報いてくださいます。 (イスラエル北野)

み声新聞2017年9月24日号(第955号)より転載—

2017年9月15日金曜日

愚かさを通して

 もしあなたが全能者であって、人を等しく救おうと考えるなら、どういう方法を採るでしょうか。能力で人をはかると優劣が生じますし、金銭ではかると持たない人は救われないことになります。
 取りこぼしなく全ての人を平等に救うために、神さまはどのように救いの道をつくられたでしょうか。それは、十字架の福音を信じることによってです。
 信じるということは子どもでも老人でも病人であっても誰でも等しくできることです。御子イエスキリストの生涯、その十字架の死と復活は、私たちを罪や死から贖(あがな)うためであったと信じるなら救われます。ただ信じることそれだけです。他に何も加えません。その信じる信仰によって義と認められるのです。
 コリント人への手紙第一1章18節に、「十字架のことばは、滅びに至る人々には愚かであっても、救いを受ける私たちには、神の力です」と書かれています。これはイエスさまの救いに関することを語っています。福音はありのままの私たちには愚かに見えやすいのです。しかし、それこそが神の知恵であると聖書は語っています。
 同21節にはさらにこう書かれています。「事実、この世が自分の知恵によって神を知ることがないのは、神の知恵によるのです。それゆえ、神はみこころによって、宣教のことばの愚かさを通して、信じる者を救おうと定められたのです」
 「宣教のことばの愚かしさ」、これがキーワードです。巧みな言葉ではありません。ただ、十字架につけられたイエス・キリストを信じること、これこそ、神が用意したただ一つの救いの方法であり、救いに至らせる神の知恵です。
 福音を信じ、イエスキリストをあなたの心にお迎えしましょう。主はあなたの力となり、また救いとなられます。 (イスラエル北野)

み声新聞2017年9月17日号(第954号)より転載—

2017年9月8日金曜日

サムソン

 士師記にサムソンという士師(さばきつかさ)が出てきます。サムソンは、ナジル人でした。母の胎にいる時から死ぬ日まで、強い酒は飲まず、頭に剃刀(かみそり)を当てず、聖別されており、イスラエルをペリシテ人から救い出すために立てられました。
 サムソンは、屈強な勇士です。しかし女にはめっぽう弱い男でした。力ではサムソンにかなわないと知ったペリシテ人は彼の愛人デリラに金を与える約束をして、サムソンの力の弱点を知ろうとしました。サムソンは、適当な事を言ってかわします。しかし、あまりにもデリラが、あなたは私を愛しているというのに、秘密を明かしてくれない、と攻め立てるので、サムソンは、「死ぬほどつらかった」といいます。
 そして、ついにサムソンは自分がナジル人であることをデリラに明かします。本心を語ったと分かったデリラは膝枕でサムソンを寝かせ、髪の毛7ふさをそり落とさせました。主の力は彼から去っており、彼はペリシテ人の手に落ちました。
 男は女の涙に弱いといいます。また、涙と言わず男性は女性次第でいかようにも変わります。全てとはいいませんが、男性の弱点は女性にあります。そして、女性の弱点はサタンです。
 創世記の初め、人類の祖であるアダムとエバからしてそうでした。禁断の木の実をまず取ったのは、サタンに惑わされたエバです。エバの手によってアダムはこれを食べ、妻に聞き従ってしまいました。
 確かなところ、妻は夫に対して強力な影響力を持つのです。夫を生かすも殺すも妻次第です。それ故、妻は夫の良き助け手にもなりますが、逆にサタンに用いられて夫を倒すことすらあります。サタンのたくらみに乗せられることのないよう、神を恐れていきましょう。 (イスラエル北野)


み声新聞2017年9月10日号(第953号)より転載—

2017年9月1日金曜日

一つだけです

 先日、娘が結婚しました。多くの方に祝福していただき、感謝の思いでいっぱいです。
 時代は30年ひと区切りと言います。私の時代の結婚は、バブルを迎えるころであったので、豪華なものが多かったです。家と家との結婚とも言われ、何かと気苦労が絶えませんでした。それに引き換え、娘が言ってきた結婚式は、いわゆる「地味婚」でした。神の前に夫婦の宣言を頂き、歩むことができればそれでいい、と言うのです。
 しかし、愚かな母はこれを聞きながらも心そこにあらずで、自分が結婚式で受けた祝福の全てを備えてやりたいと、あれこれ考え始めました。思えばこれが間違いのもとであったのです。
 地味婚といってもこちら次第で、いくらでも忙しくなります。相手先のご両親とはいつお会いするの?から始まって、写真は?衣装は?指輪は?と矢継ぎ早に質問を浴びせる母に、娘はへきえきとしていたようです。
 そして、ついに神さまのご介入がありました。主は、ルカの福音書104142節から私に語ってこられました。「マルタ、マルタ。あなたは、いろいろなことを心配して、気を使っています。しかし、どうしても必要なことはわずかです。いや、一つだけです」
 この、「一つだけです」ということばは、今までにないほどまでに私の心に触れました。そうです。本当に必要なのは一つだけでした。顧みればあれこれ忙しくするものは、本質から外れた、それほど重要ではない事柄です。
 結婚式においても、本当に大切なことは一つだけです。それは、男女が神の前に夫婦であると宣言され、この神のことばによって結び合わされ、二人は一体となることです。大切なことは一つだけです。それを見失わないでいきましょう。 (イスラエル北野)

み声新聞2017年9月3日号(第952号)より転載—

2017年8月25日金曜日

メリバの水

 神はモーセとアロンを指導者として立て、イスラエルを荒野に行かせました。ツィンの荒野には水がなかったので、民はモーセとアロンに逆らいました。「なぜ、あなたがたは私たちをエジプトから上らせて、この悪い所に引き入れたのか」「飲み水さえない」(民数記20章5節)
 これを聞かれた主は「杖を取れ。あなたとあなたの兄弟アロンは、会衆を集めよ。あなたがたが彼らの目の前で岩に命じれば、岩は水を出す。あなたは、彼らのために岩から水を出し、会衆とその家畜に飲ませよ」(8節)と語られました。
 そこでモーセは主の前から杖を取り、岩の前に集会を招集して言いました。「逆らう者たちよ。さあ、聞け。この岩から私たちがあなたがたのために水を出さなければならないのか」(10節)。こう言ってモーセは手を上げ、彼の杖で岩を二度打った所、たくさんの水がわき出たので、人も家畜もそれを飲みました。
 水を出すのは神であるにも関わらず、モーセは、「私たちが水を出さなければならないのか」と語り、神の方法ではなく自分の方法で水を出し、主の栄光を覆い隠しました。
 主はこう語りました。「あなたがたはわたしを信ぜず、わたしをイスラエルの人々の前に聖なる者としなかった。それゆえ、あなたがたは、この集会を、わたしが彼らに与えた地に導き入れることはできない」(12節)
 こういう訳でアロンもモーセも約束の地を目前にしながら死にました。約束の地に民を導き入れたのはモーセの従者ヨシュアでした。
 この学びと教訓は非常に大きいものです。神さまに用いられる時、私たちが最も気を付けなければならない事は、ただ神にのみ栄光を帰す、ということです。
 主に栄光を帰し、主の栄光をたたえましょう。 (イスラエル北野)

み声新聞2017年8月27日号(第951号)より転載—