2017年4月23日日曜日

イエスは医者です

 マルコの福音書2章で、イエスさまはこう言われました。「医者を必要とするのは丈夫な者ではなく、病人です。わたしは正しい人を招くためではなく、罪人を招くために来たのです」(17節)。これは、どういう意味でしょうか。
 これは、イエスさまが、アルパヨの子レビの家で食卓に着かれたときに語られたことばです。イエスさまの食卓にはパリサイ人や律法学者、彼らエリートのほかに、罪人や取税人も身を寄せていました。それをとがめたところ、イエスさまは前述のように語られたのです。
 顧みると、私にも医者が必要な年月がありました。病人というものは、社会のしわ寄せをもろに受ける、弱い立場にあります。一体、弱い私では受け入れてもらえないのでしょうか。病気になったのは、私のせいでしょうか。病苦もさることながら、闘病中の心の苦しみはそれ以上でした。さげすむ目、好奇の目にさらされることもしばしばで、医者であっても心無い言葉を語ることがあり、救いがありませんでした。
 箴言1814節には「人の心は病苦をも忍ぶ。しかし、ひしがれた心にだれが耐えるだろうか」という一節があります。誰にも理解されないこのひしがれた心の苦しみを、イエスさまは知ってくださっています。
 またイエスさまは、マタイの福音書1220節でご自身のことを「いたんだ葦を折ることもなく、くすぶる燈心を消すこともない」と語られました。
 世では、病人や弱い者を見下すことが往々にしてあります。しかし、イエスさまは、あなたと同じ目線であなたに語り、ありのままのあなたを愛してくださり、また、あなたを守り、あなたの力となってくださいます。イエスさまは本当のお医者さまです。あなたの救い主です。
 
(イスラエル北野)

み声新聞2017年4月23日号(第933号)より転載—

2017年4月17日月曜日

信 仰
 私は信仰に入って34年になります。しかし、信仰に関してはまだまだ幼子です。
 信仰を用いましょうという場面に出くわすと、信仰はどうやったら持てるのだろうと、まず苦手意識が頭をもたげてきます。感謝したり、飛び上がってみたり、まるでオリーブの実を搾油するように、全身から搾り出すような、そんなお粗末なあんばいです。
 これに関しては、サタンが関与していると私は思います。神さまに頼まなくても普通に進んで行けるのならそれで良いじゃないですか。そのような思いが入ってくるのです。一見もっともと思える世の言葉ですが、私たちを信仰から、また生ける神から遠ざけていきます。
 多くの人が信仰は難しいものだと思っています。けれども、実は非常に簡単なものなのです。幼子でもできます。ポイントは「行い」にあります。ヤコブ書には、「信仰も、もし行いがなかったら、それだけでは、死んだものです」(2章17節)と書いてあります。信仰は行いから入ると生きたものになります。信仰と行動には密接な関わりがあるのです。
 以前、教会にMさんという人がいました。Mさんは電話を持っていませんでした。仕事上不便なので、これが与えられるようMさんは祈り始めました。そして信仰を使いました。不要になった電話機をもらって、コンセントを入れ、「Mです。はいそうです」と語り掛けたのです。もちろん回線はつながっていません。にもかかわらず、つながっているかのよう振る舞ったのです。この信仰は実を結び、速やかに回線をつなげる必要が満たされました。
 現代においても信仰は生きて働きます。信仰の踏み出しは、神のご栄光の現れとなります。私たちは信じて祈り、信仰を持って進みましょう。 (イスラエル北野)

み声新聞2017年4月16日号(第932号)より転載—

2017年4月12日水曜日

リバイバルソング
 顧みると、私の人生を変える素晴らしい場面にはいつも賛美がありました。賛美には特別な力があり
ます。
 18歳の時、私は、M教会の祈祷(きとう)室で救いを受けました。事の始まりは、牧師さんが、今ここ
に、聖霊さまが満ちているので、祈ると神さまのご自由なみわざが現れますよ、と祈りを勧めてくださったこ
とによります。初めて聞く話にちゅうちょしましたが、何が起こるか知りたいという気持ちが勝って、祈ってい
ただくことにしました。
 祈りの中では「平安」という言葉が繰り返し語られました。すると、からだが右へ右へと押されるのです。
ついに畳の上に身を投げ出してしまいました。恥ずかしくて、今もう身を起こそうとしたところ、不意に賛
美の歌に打たれました。昔、日曜学校で習った「いつくしみ深き」です。「などかはおろさぬ負える重荷を
」の一節が私の霊に触れ、私は主の元に帰りました。
 こうして、賛美のうちに私は救いにあずかりました。ちょうどその頃、アメリカでヒットした『リバイバルソング
』が、海を越えて日本でも歌われるようになっていました。特に「シング・ハレルヤ・トゥ・ザ・ロード」という
歌は、単純でありながらも、きよさに満ち、歌うと鳥肌が立つほど深いご臨在がありました。こうして賛美
の中で、私の霊性は豊かに育まれていきました。
 あれから30年。今では、私たちの教会にも多くのオリジナルゴスペルが与えられ、多くの恵みとともに、
主はさらに近いお方になりました。
 詩篇22篇3節には、「けれども、あなたは聖であられ、イスラエルの賛美を住まいとしておられます」と
書かれています。賛美の中に主はおられます。私たちは賛美を通して主と交わることができます。リバイ
バルの歌を歌いましょう。 (イスラエル北野)

み声新聞2017年4月9日号(第931号)より転載—

2017年4月2日日曜日

試練と忍耐
 ヤコブの手紙1章には、「私の兄弟たち。さまざまな試練に会うときは、それをこの上もない喜びと思いなさい」(2節)とも、「試練に耐える人は幸いです。耐え抜いて良しと認められた人は、神を愛する者に約束された、いのちの冠を受けるからです」(12節)とも書かれています。
 試練は、できれば避けたいものです。しかし、耐え抜くことを通していのちの冠を受ける、というのです。確かに私たちの霊的成長は試練を通して全うされます。しかし、ここには落とし穴もありました。
 というのは、20年ほど前の事になりますが、ある男性が興味深いことを証ししておられたのです。それは、試練のことです。その人は家族を巻き込んだ大きな試練に入りました。困難の中で妻や子どもは必死になって解決を祈っていましたが、その人は冷めた傍観者的な態度を取り、心ひそかにこの問題から退いていたといいます。
 やがて、時が満ち、試練が喜びに変わる日がやってきました。神さまによる問題解決が現され、試練を最後まで受け切った妻子は、神さまとそのみことばの真実さを体験し、確信を持って次の段階へ進みました。しかし、試練から逃げた自分は、その信仰の確信にはあずかれなかった、というのです。受けるべき訓練を受けそびれたのです
 もし皆さんが今試練にあるなら、真正面からそれに向かい合い、主が良しと認めるところまで耐え抜いてください。試練は信仰の確信を与えてくれます。その確信は偉大なものであり、いのちの冠さえも与えられるものなのです。
 さまざまな試練が許されるのは、神さまや信仰に対しての確信を受けるためです。試練を通して現される、神さまの祝福の計画があります。誘惑に立ち向かい、忍耐を働かせ、召しを全うしましょう。 (イスラエル北野)

み声新聞2017年4月2日号(第930号)より転載—

2017年3月29日水曜日

愚かな娘と賢い娘
 聖書は往々にして、奥義をたとえで語る傾向があります。聞く耳のある者だけが聞きなさいということなのでしょうか、マタイの福音書25章の例話もその一つで、再臨(イエス・キリストが王として再び地上に来られること)に対する備えを語っています。
 天の御国は、それぞれがともしびを持って花婿を迎える10人の娘のようだと言います。10人のうち、5人は愚かで5人は賢い娘でした。愚かな娘はともしびは持っていましたが、油を用意していませんでした。他方、賢い娘はともしびとともに入れ物に油を入れて持っていました。
 花婿はキリストのことであり、花嫁はみからだなる教会を指しています。花婿が来るのが遅れたので、皆うとうととしていたところ、夜中になって、「そら、花婿だ。迎えに出よ」と叫ぶ声がしました。娘たちは、皆起きて、自分のともしびを整えました。ところが、愚かな娘たちのともしびは今にも消えそうでした。そこで、「油を少し分けてください。私たちのともしびは消えそうです」と賢い娘たちに言ったところ、「いいえ。あなたがたに分けてあげるにはとうてい足りません。店に行って、自分のをお買いなさい」と言われました。
 そこで、買いに行くと、その間に花婿が来て、用意のできていた娘たちは、彼と一緒に婚礼の祝宴に行き、戸が閉められました。愚かな娘は、ご主人さま、開けてくださいと願いましたが、心を変えてもらう余地はありませんでした。
 イエス・キリストは、この終わりの時代に再臨されます。まだ来ないからといって世にふけり、あるいは眠っているなら、その日は盗人のようにやってきます。私たちは、信仰のともしびとともに、聖霊に満たされていることが必要です。目を覚まし、忍耐を働かせて再臨に備えましょう。 (イスラエル北野)

み声新聞2017年3月26日号(第929号)より転載—

2017年3月20日月曜日

心の貧しい者は幸いです
 マタイの福音書5章には、「山上の垂訓」と呼ばれるイエスさまの説教が記されています。その中の一つに「心の貧しい者は幸いです。天の御国
はその人たちのものだから」(3節)という一節があります。
 心の貧しい者という表現は、心の豊かさに飢え渇いている者と読み替えることができます。神さまというお方は人の心を読まれ、何でもお見通し
です。そして私たちが、強さにあるより、むしろ弱さにあることを良しとされるお方です。
 なぜ心の貧しいことが心の豊かであることに勝っているのでしょうか。それは、心が豊かであると、満ち満ちていて、もうそれ以上入るべき心の隙
間がないからです。主を心の中心にお迎えしようにも、その余地がないのです。グラスの水を捨てないでは、新しい水を注ぐことはできません。こう
いう訳で、心の貧しいことは、心の豊かさに勝って、神の前に高価で尊いのです。
 また、イエスさまはご自分のことを「罪人の主」であると言われました。その通り、いち早くイエスさまの元にやって来たのは遊女や取税人です。彼
らは、社会的には罪人というレッテルを張られた者たちです。しかし、幸いなことに、彼らは自分たちは罪人であるということを自覚していました。彼
らは心の貧しい者でした。ですからイエスさまがどのようなお方か、誰よりも早く知るに至ったのです。
 イエスさまもまた、天の御国はあなた方のものだ、と語ってくださいました。私たちは皆、罪人です。罪過の中に死んでいる私たちを贖(あがな)う
ためにキリストイエスは世に来られました。さばくためでなく、赦すためにイエスさまは来られました。私たちが弱さを自覚する時、また罪人であること
を自覚する時、イエスさまの愛と赦しが私たちを包みます。このお方に帰りましょう。 (イスラエル北野)

み声新聞2017年3月19日号(第928号)より転載—

2017年3月13日月曜日

富める若人
イエスさまの宣教途中、1人の青年がイエスの前に走り寄り、御前(みまえ)にひざまずいて尋ねました。
 「永遠のいのちを頂くにはどうすればよいのですか」。イエスさまは守るべき教えとして律法を挙げましたが、青年は「先生。私はそのようなことはみな、小さい時から守っております」と言いました。それを聞くとイエスさまは、彼を見つめ、いつくしんでこう言われました。
 「あなたには、欠けたことが一つあります。帰って、あなたの持ち物をみな売り払い、貧しい人たちに与えなさい。そうすれば、あなたは天に宝を積むことになります。そのうえで、わたしについてきなさい」
 するとその青年は、このことばに顔を曇らせ、悲しみながら立ち去りました。「なぜなら、この人は多くの財産を持っていたからである」と聖書(マルコの福音書10章)は記しています。
 人は、神さまに従う、といっても、ここまでは従いますが、これ以上は従いません、という弱さを持ちやすいものです。
 青年も、落ち度なく律法を守ってはいました。けれども、全財産を捨てるとなると、話は別でした。富を投げ打ち、身一つでキリストに従っていく道を選択することは、彼にはできないことでした。
 彼は律法を完全に守り行うことはできませんでした。そう、できないのです。お弟子たちは「それでは、だれが救われることができるのでしょう」と言いました。
 イエスさまは「それは人にはできないことです。しかし、神にはどんなことでもできます」と言われました。
 全財産を捨ててまでして主に従うことは、人にはできないことです。しかし、神さまにより頼むなら神は従わせてくださいます。そして、全てをささげきった人生に、神さまは大いに報いてくださいます。 (イスラエル北野)

み声新聞2017年3月12日号(第927号)より転載—